スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

仕事のこと

身バレしない程度に…あ、手遅れ?

発注ミス

夢を見た。前職でよく顔を合わせていた同業他社のKさんが出てきた。お互いに胸襟を開いて、他愛もない話をした。歳が近いこともあってか結構盛り上がり「また話しましょうね」と、約束を交わしたところで目が覚めた。身体を起こして出た第一声は…。 「…お前…

ワガママなくらいがちょうどいいわけがない

現勤め先の商品がWikipediaに載っていなかったので、小一時間かけて記事を作ってみたら「出典が書いてないからクソ記事の可能性あり」という趣旨の表示が出た。 ムカついたので翌日、会社ホームページのリンクを貼って出典元を明記しつつ、より詳細な商品紹…

仙台が私を受け入れないなら、私は仙台を出て行く

この度、東京に行くことになった。 仙台が私を受け入れないなら、私は仙台を出て行く。この街には、実家以外に用はない。 …と思ったので、このような選択になった。急な報告になったことをお詫び申し上げる。今夜の夜行バスで移動し、明日から都民になる。 …

女性を雇用するの、やめれば?

アラサーの私が会社都合の雇い止め=クビを宣告されて数ヶ月。いろいろな企業の人事担当者と話をしたが、前回の転職活動との決定的な違いは必ず「結婚の予定は?」と聞かれるようになったこと。年齢が年齢だからか。 「いやー、しばらくそういうのいいんで、…

みにくい嫉妬の女

顔が見えないと、これでもかというほど言葉の暴力を振るう女がいる。 テレアポのバイトをした時のこと。対象者(男性)に案内したいのに、その手前で何度か配偶者と名乗る女性に電話口でキレられたことがある。個人情報の兼ね合いで本人以外に案内できないこ…

「底辺の仕事」について考える

学生時代のアルバイトから始まり、今日まで様々な職場を見てきた。その中には一般的に「底辺の仕事」だと蔑まれているものもあったが、そもそもそんな仕事ってあるのか? まず「底辺」の定義について。新時代の底辺職業一覧と底辺職を抜け出す方法がよくまと…

存在を許せるお局様が1人だけいたことを思い出した

今日に至るまで、なぜか職場に必ず1人はいる「お局様」を何人も見てきた。全員の共通点は女性ということのみ。業種業界、出身地や家族構成、最終学歴、結婚経験の有無などはバラバラだが、どうして似たようなBBAになってしまうのだろう。世界七不思議の1つに…

気づいたら通勤経路が変更されてた

東京で暮らすにあたり、事前に「自宅から会社までの通勤経路を調べて報告するように」と指示があったので、ネットで最寄りのM駅までの最短経路を調べてメールを送った。すると「弊社は最寄り駅が2つあります。岩崎さんの使う路線ですと、M駅よりK駅を利用し…

俺ら東京さ行ぐだ2019 ~ザギンの山はオリンピックに消えたのか?~

前回までのあらすじ。昨年秋に突然雇い止めを食らった岩崎は、途中で同棲ルームシェアしたり髪切ったりピアスあけたりしながら、無事に転職し順風満帆…なはずだった。 あらすじの詳細はこちらのカテゴリーの記事をご覧いただきたい。 →平成30年・激動の3ヶ月…

なりたくてなるものではないから、誰でもなれる可能性がある

お気に入りの中華屋でラーメンをすすっていたら、隣の席にいた女性がキレながら泣き出した。向かいに座る男性は、女性の主張にじっと耳を傾けていた。 女性は外見年齢40代。話から察するに「派遣社員で入社したが希望していた職種に就けず、職場のイジメに耐…

お局様の発生を防ぐには?を真剣に考えた

以前の記事で、雑草のごとくどこにでもいる「お局様」の傾向と対策を経験を元に論じてみた。 iwama03.hatenablog.jp 内容を例えるなら「火事になった時の火の消し方」であって、根本的な「どうしたら火事を未然に防げるか?」には至っていない。今回の話題に…

「お局様はどこにでもいる」と確信を得られたので、私なりにまとめた傾向と対策

いつか書こうと思っていた、職場に必ず1人はいる「お局様」について。インターネット上の辞書で語源と意味をたどったが、こちらの説明が一番わかりやすいだろう→お局(おつぼね) - 日本語俗語辞書 私も幾度となく悩まされたが、今回の転職でお局様はどこに…

誕生日に転職先が決まってから結構大変だった話

このシリーズは、平成最後の秋から初冬にかけて色々あって大変だった私・岩崎の激動の約3ヶ月間を記録したものである。 当初の記事で挙げた項目で、やっと半分まで語った。 iwama03.hatenablog.jp 次は →誕生日が来る →転職先が決まり、退職を1ヶ月早める →…

パターン入りました

ジョブチェンジして3ヶ月ちょい。 四半世紀ほどしか生きていないが、その間の経験が何とか活かせている。 特に最近痛感することをまとめた。 感情優先で仕事をする奴は、どこかで損をする このことを知っていたから、(自分から見たら今までより)比較的クー…

出る杭が打たれる現象について

パワハラや職場で発生する原因の、解明につながるであろうツイートを見つけた。 年寄りはな、若い人間が大金稼ぐことがすごく嫌なんや、しかも自分らが理解できない方法で稼ぐことが嫌だな、なんでか、要は若者に苦労させたいんや、そして自分らを尊敬して欲…

破滅の美学は日本固有の趣向らしいけど、会社経営に求めたらマズい

前職の会社がいよいよピンチだ。 事務・営業それぞれの最古参が会社を去った。「社長に気に入られない」、それだけの理由で自己都合退職した(させられた)。 やはり「自分だけが儲けたい、あるいは自分にとって都合のよい組織」を作るために脱サラ・起業した…

内勤を大切にしない営業は基本ダメ

転職してはや2ヶ月。営業外回りから事務内勤にジョブチェンジし、立場が逆転した。 新しい会社にも営業が何人かいる中で、成績が高い人とそうでない人の明暗がはっきり分かれているのを目の当たりにしている。 その差は何だろうと観察した時に「内勤者への態…

何をどうしたらそんなことを言われる人間になれるのか

今の勤め先は非常によい会社だ。いろんな意味で。 トラブルメーカーが1人だけいる。上司たちが日替わりで指導をするが、一向に治らない。入社2ヶ月、素人の私でさえヤバいと感じる。 どれくらいヒドいかというと、月一の全体朝礼で話題に挙げられるレベルだ(…

仕事を楽しもうと言ったら負け

会社でちょっとモメた。 まだ全体の業務の流れを理解できていない私も悪かったが、向こうも大人気ないとは思う。 ただ、私は現勤め先で1番格下なので心中がどうあれ謝るしかない。前職の上司とも「次はうまくやる」と、約束したし。 タイミングを見て謝った…

白くてきれいな服ほど汚れが目立つ、みたいに現職が純白すぎて前職の黒さが際立つ話

訳あって朝早く(午前4時)から勤務開始になった。 一通り仕事が終わり午後1時。事務所に戻っての社内作業を覚悟したが、上司が「(勤務開始から)9時間か…。疲れたでしょ?戻っても十分に仕事できないだろうし、急ぎのものがなければ明日に回して、帰ってゆっく…

忘れてました!じゃ済まないので退職後の源泉徴収票は即GETしよう

新しい勤め先から「前職の源泉徴収票を提出してください」と言われた。 しかし、そんなものは手元になかった。 通常であれば、退職から1ヶ月以内にもらわないといけないらしい。 法的には、給与支払い者(会社)は退職者へ、退職後1ヶ月以内に源泉徴収票を交…

パワハラなんてこの世界に存在しなかったんじゃない?と錯覚するくらい新しい勤め先がホワイトだった

転職活動に成功し新しい勤め先へ入社したが、それから1ヶ月間は慣れない業務とスケジュールに追われた。 ようやく一息ついた(のと、iOSアプリでの編集の仕方がわかった)ので、これからまたチマチマと記事が書けそうだ。 以前書いたパワハラのある会社・ない…

穴があったら社章付けたい!お勤めレディのスーツ事情

社章が付けられない。 前の勤め先は女性が多かったせいか、ピンタイプの社章だったため問題なかった。 現在はネジタイプのため、ジャケットの襟に穴が開いておらず付けられない。 「社章、付けてないんだね…」と、会うたびに社長がさびしそうな顔をするので…