スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

「ラーメン食べたい」の哲学

 (※この記事は個人の主観によるものです。皆さんはどうか思い悩まずに、食べたい物を心置きなく召し上がってください)

 

 ラーメンが食べたくなる時、人は本当にラーメンが食べたいのだろうか?

 衝動的にラーメンが食べたくなる時は、大体心が乱れている時である。「帰宅が夜遅くなるのが確定したのでご飯作るの面倒くせぇ…」とか「ホルモンバランスの乱れでイライラする…」とか。そんな時はどんなラーメンを、いや、どんな食べ物を口にしても同じで、ただ食に関する欲(≠食欲)を満たすことで心を落ち着かせたいだけだ。

 先日も無性にラーメンが食べたくなったので、自分の心に問うてみた。「なぁ、君は本当にラーメンが食べたいのか?」と。するとこう返ってきた。

 「二郎が食べたいよう!」

 ダメだ、要求をこのまま通すわけにはいかない。先日行ったインスパイア系の店が微妙だったからとはいえ、短期間に2度もあの系統のラーメンを食してしまったらデブまっしぐら。それは本意ではない。自分の心が求めるものがはっきりと見えてくるまで、傾聴を繰り返した。「君は食べたいのは肉か?」「野菜か?」「麺か?」「スープか?」と、粘り強く、丁寧に、最後まで諦めない姿勢を見せながら。

 どれくらいの時間が経っただろう。ようやく自分が欲しているものが特定できた。

 「二郎系ラーメン特有の、お野菜とみじん切りの生ニンニクをたくさん食べたいよう!麺と肉とスープはおまけ程度でいいんだよう!背脂は胃もたれが怖いからいらないよう!」

 よく正直に言ってくれたね、私。ありがとう。それなら簡単じゃん!と、業務スーパーに行って20玉入り498円(税抜)のニンニクを入手し、別なスーパーで野菜炒めセットをはじめとするラーメンに必要な材料を買って帰宅。フードプロセッサーでニンニク1玉をみじん切りにした後、普通にラーメンを作った。

 できたラーメンのスープにニンニクを少しずつ入れながら、無心で麺と野菜を頬張る。舌がニンニクの刺激でビリビリしていくのと引き換えに、心がスーッと穏やかになるのを感じた。「私が求めていたのはこれだ…」と、満足感と達成感を覚えた。この時の私が食べたかったのは確かにラーメンだった。だが、店で食べなくても別に良かったのだ。

 衝動的な感情に自分自身の支配を許すことは、あまりない方がいいだろう。疑わしきは自分であっても詳細に尋ねよ、例えそれがラーメンであっても…だ。

 …さて、ここまでは読んでくださった皆さまはお気づきだろうか。ニンニクがあと19玉残っていることに(どうしよう…)。

 

世の中のそれほど重要じゃないことを真剣に解剖するカテゴリはこちら*

www.super-iwachannel.com

 

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

  • 作者:牧田 幸裕
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2010/12/03
  • メディア: 単行本