スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

「特オタのカラオケ選曲問題」に向き合う

 特オタのカラオケ問題に真摯に向き合うため、所用の合間にたまたまできた空き時間を利用して一人カラオケに行った。一人・複数人問わず、カラオケには恐らく半年近く行ってない。

iwama03.hatenablog.jp

 この時以来である。

 

iwama03.hatenablog.jp

  ※この時はカラオケじゃなくて生演奏だからノーカン。

 

 お邪魔したのは、一時期話題になった一人カラオケ専門店「ワンカラ」。インターネットカフェより狭い空間を借り、持ち込みorレンタルのヘッドホンで音を聞きながらマイクを使って歌う…という事情を知らない人が部屋を覗いたら人体実験か何かと誤解されかねないビジュアルの素敵な施設である。

 ここなら集中してカラオケスキルが上げられそうだ。今回の目的は「特オタ以外の人とカラオケ行った時のために、一般人に擬態できる曲を歌えるようになること」だ。

 まずは最近ハマっている「打首獄門同好会」をチョイスする…が、カラオケで歌うのは意外と難しい。逆を言うとギターボーカル・大澤会長の変幻自在な歌唱スキルは、素人の付け焼き刃では再現不可能、ということがわかった。

そろそろ中堅

そろそろ中堅

 

 次?うーん、どうしようかな。V6はTAKE ME HIGHERを死ぬほど歌ってるから後回しにしよう。中島みゆきは十八番(おはこ)だからそんなに練習しなくても大丈夫。ORANGE RANGE?一時期死ぬほど歌ったな〜。インディーズに落ちてからはメディアになかなか取り上げられなくなったから残念だ。ポケットビスケッツはテンション爆上げしてから歌うのが気持ちいい。仲間由紀恵withダウンローズも同様。あとはマイナーなアーティストばっかりだ。ドラマ主題歌になったやつを歌うことが多いけど、下手すると10年くらい前の作品だから忘れてる人が多いかも。平成キッズは知らない可能性があるから、歌う時と場所を選ばなければならない。結局、最近流行りの曲を知らないと話にならないんだな。エンターテイメントは時事問題じゃないからチェックしないことが多い。そういえば学生時代は政治経済は成績良かったけど、音楽はボロボロだったし、誰かに音符の上に音階を書いてもらわないと何もできなかったなぁ。歌声も「半音ズレてる」ってしょっちゅう言われたし。コミュニケーションスキルって様々あるけど、音楽は芸事に近いよね。演劇部は経験したけど、演劇とミュージカルって別物だし。昔は「音楽の必要性がわからない」ってませたこと言ってたけど、本当は「音楽の楽しみ方がわからないから必要性も理解できない」だったんだよね、自分。カタブツめ、世界を見ろ。人間は「楽しい」と言う感情で動くんだ。現在の私がブログで自主的に文章を書くのはなぜだと思う?楽しい、ただそれだけだからだ。加えて、政治経済と音楽を比較すると、現在の日本で即効性と拡散力があるのは音楽の方だ。これまでの人生のどこかで苦手な音楽に飛び込んでいれば、私の表現の幅がもっと広がったかも知れないのに…。

 あ、時間がもったいない。ウダウダ考えてないで、そろそろ次の曲入れないと…。

f:id:iwama03:20190727222237j:image

 ダメだった。この後特撮ソングを入れまくり、テンション爆上げのまま1時間ほど歌い続けた。

 私の意志が弱いのか?はたまた特撮の魅力が強力なのか?いずれにせよ自分に原因があることは明白だ。次は練習する曲を明確にしてから出直そう。そうしようそうしよう。…はぁ〜あ。