スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

上京の受難・コンビニ駐車場編

 このシリーズは、アラサーで仙台から上京した岩崎が食らった数々の受難を記録するものである。

 

 「コンビニの駐車場が狭い」 

 

 仕事に慣れ、車で外出することも増えた。しかし前職、前々職の厳しい上司から「経費を節約しろ」と叩き込まれたせいで、今でも高速道路・有料道路を利用することに罪悪感を感じてしまい一般道路を利用することが多い。

 そのため、休憩は必然とコンビニを利用することになるが、首都圏の国道沿いのコンビニの駐車場は狭い。本当に狭い。23区で最も田舎と言われている練馬ですら、田舎名物・だだっ広い駐車場を有するコンビニを見た事がない。3台くらい止められるスペースがあれば…いや、駐車場があれば良い方である。

 当然ながら、そんな狭小なスペースでは車の向きを変える、つまり「入る時は頭から突っ込んで、ぐるっと旋回して頭から出る」ということが不可能だ。そんなことをしたらバックで道路に出ないといけない。先日うっかりそれをやってしまい、震えながらバックしたが…怖い、怖すぎる。車より歩行者の飛び出しが怖い。地方の常識は首都圏で通用しない事がある…ということは頭に入れていたつもりだが、コンビニの駐車場は盲点だった。割と運転に慣れている私ですらこの調子だから、ペーパードライバーがハンドルを握った日には…あまり考えたくはない。

 もし、上京を検討している地方民がこの記事を読んでくれていたら、今のうちに地元で車の運転に慣れておくことを勧める。首都圏はコンビニだけではなく道も狭い。最低限のドライビングテクニックを身体に覚え込ませておかないと、大変な目に遭うぞ。 

ドライビング・メカニズム―運転の「上手」「ヘタ」を科学する

ドライビング・メカニズム―運転の「上手」「ヘタ」を科学する

  • 作者:黒沢 元治
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2000/09/01
  • メディア: 単行本
 

 

*ほかの「上京の受難シリーズ」はこちら

www.super-iwachannel.com