スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

上京の受難・一般道交差点編

 このシリーズは、アラサーで仙台から上京した岩崎が食らった数々の受難を記録するものである。

 

 「交差していない十字路がある」 

 

 仕事に慣れ、車で外出することも増えた(この文句3回目…)。コンビニ駐車場や高速道路の狭さにはとにかく慣れるしかない。

 今、私を最も悩ませているのは「高架橋の側道に入って左折するパターンの走行ルート」だ。

https://stat.ameba.jp/user_images/20180526/18/hospitality0113/96/13/j/o1500112514198636740.jpg?caw=800

 ※画像はイメージです。こちらから画像リンク経由でお借りしております。運転中に撮影なんかできません…。

 東京は道路が狭く、首都圏近郊から車で通勤している人も数多い。そのため、辻々に信号を設置していたら渋滞で大変なことになる。だから信号設置箇所が必要最小限で済むように、このような道路の作りをしている場所が多いのだろう。

 そのせいで曲がらなければならないところをスルーしたこと数知れず。機種によってその辺の案内が不親切なカーナビもあるため、走行する道そのものを覚えないと話にならない。行く先々がほぼ人生初訪問の私は苦戦してばかりである。

 加えて渋滞するポイントなども全く予想できないため予定到着時刻より1時間早く出発するのがデフォルトとなっているが、上記事情を関係者に推し量ってもらえず「サボりに行くんじゃないか」と誤解されることもしばしば。 

 東京の道は覚えたいが、自転車しか持っていないため遠出は難しい。週末、私をドライブに連れて行ってくれる人がいたら、この状況が少しだけ変わるかも知れないが…(遠い目)。

 

*ほかの「上京の受難シリーズ」はこちら

www.super-iwachannel.com