スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

上京の受難・嫌なヤツ編

 このシリーズは、アラサーで仙台から上京した岩崎が食らった数々の受難を記録するものである。

 

「悪気がなくても嫌なヤツになれる」

 

 「あいつ東京行ってから変わったな」というセリフはドラマなどで割とよく聞く。そういうシーンではおおよそ悪い意味で使われるが、この発言を裏返すと「東京=地方民のいいところを抜き取り嫌なヤツを生産する工場」と言ってるようなものである。

 間も無く上京して1年経つが、何度もいうが私自身はそんなに大きく変わっていない。だが私を取り巻く環境は変わった。岩崎も歩けばトレンドグッズに当たる。どんなに遅くとも最低5分に1本はやってくる電車、溢れかえるヒト・モノ・コト。

 そんな調子で生きているモンだから、地元に帰省した際の差にガッカリする。地元に最近できたチェーン店は東京で散々通ってるから何も目新しくないし、ぶっちゃけ飽きてきた。電車・バスは乗り遅れたら最後、ひどい時は30分以上待たされる。ヒト?人口減り始めてるし、モノコトが少ないからヒトが行く場所も限られる=会いたくないヒトに遭遇する可能性あるんだよね…。

 という感想をシンプルに書くだけで、なんかすげぇ嫌なヤツっぽくなったぞ。なんだこれ。きっと東京マジック☆(?)

 私は上京民だからまだ「自分が上京して嫌なヤツ(と地元連中が思うような考え方)になった」と気付ける余地がある。しかし、中には生まれた時から今日まで東京都民として生きている人々もいる。彼らは生粋の都会メンタルブルジョアジー。「池袋から渋谷行くのに山手線が止まってる?山手線が動かないなら、副都心線に乗ればいいじゃないと、パンがないならケーキ食えば?発言したマリーアントワネット並のことを平然と言えるのである。なぜなら彼らが生まれた時から山手線も副都心線もあったから。複数路線利用は当たり前の世界だから。悪気はないのはわかっているが…その発言が、知識が、考えが、いかに上京民を傷つけているかまでは想像できないだろう。広大な池袋駅の中を「副都心線でも渋谷に行けるなんて知らねーよ!改札どこだよ!」と涙目になりながら探し回った私の苦労もわかってもらえないはずだ。(※東武東上線改札口の奥の方にあったよ。JR線改札からも西武線改札からも結構遠いよ)

 いかなる人工物も、天然物にはなかなか敵わない。それは東京を行き交う人においても同じらしい。 

 

*ほかの「上京の受難シリーズ」はこちら

www.super-iwachannel.com