スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

カップ麺必要悪説

 実家にいた頃のカップ麺は休日のお昼ご飯ポジション。だから日中に食べることが多かった。

 上京して一人暮らしになってからは自炊を心がけているものの、材料を切ったり調理したりすることはなかなかの労力が要る(実家でご飯作ってくれてた家族には感謝しかない)。仕事もちょうど忙しくなってきたので精神的余裕もなくなってきた。とうとう先日の朝食に秘蔵のカップ麺の蓋を開けてしまった。「これは甘えかもしれない」と自責の念に襲われつつ沸騰したお湯を注ぐと、トータル5分程度でアツアツの食糧にありつけてしまった。洗い物は箸一膳だけ。身体も温まり、その日は終始調子良く過ごせた。三十路にしてカップ麺のありがたみを知ってしまった。

 たまに「カップ麺は添加物が入っているから危険!」「太る!」などと目くじら立てて騒いで敬遠する自称健康オタクな人がいるが、私にとってはありがたい存在である。別に毎日食べるわけじゃないし、料理するのもしんどいくらいの時はガッツリ料理を作ってもそんなに食べられないし。そもそもカップ麺含むインスタントラーメンの祖・安藤百福は、5つの開発目標の1つに「調理の手軽さ」を掲げていた。つまり料理がしんどい時にカップ麺に手を伸ばすことは、開発経緯を踏まえると理想的な流れになるのではないか。それより何より、日本で発明された技術が詰まった代物(しろもの)をあれこれ難癖付けて邪険に扱うのは国辱的行為にあたらないか。必要とする人がいるからそこにある、ただそれだけのことである。仮にカップ麺が身体に悪いものだとしたら、それは「必要悪」ではないだろうか。

 野菜が心配なら自分で追加すればいいし、塩分が気になるなら普通のラーメン屋みたいにスープを残せばいい。油は烏龍茶を飲めばOK。添加物が心配ならデトックスしろ。太ったなら痩せろ。要するに健康対策なら自分で講ずればいい、ということである。そうやってうまく付き合いながら生きていきたい。