スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

【映画感想】前田建設ファンタジー営業部

f:id:iwama03:20200110141909j:plain

映画『前田建設ファンタジー営業部』公式サイト

ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた前田建設工業株式会社が、「アニメやゲームに登場する建造物を実際に作ったらどうなるか?」を本格的に検証するWEBコンテンツ「前田建設ファンタジー営業部」を実写映画化。2003年、バブル崩壊後の建設業界。前田建設の広報グループ長は、「アニメ『マジンガーZ』の出撃シーンに登場する地下格納庫を現状の技術と材料で建設したらどうなるのか?」を検証するWEB連載を提案する。広報グループの若手社員・土井は嫌々ながらもプロジェクトに携わるうち、架空のものに対してどこまでも真剣に向き合う社内外の技術者たちの姿を目の当たりにし、意味のないことだと思っていた業務に本気で取り組むようになっていく。高杉真宙が主演を務め、上地雄輔、岸井ゆきのが共演。「サマータイムマシン・ブルース」などで知られる劇団ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を手がけ、「あさひなぐ」「賭ケグルイ」の英勉監督がメガホンをとった。

前田建設ファンタジー営業部 : 作品情報 - 映画.com

 無駄なことを真剣に考えるのって、どうしてこんなに楽しいんだろう。

 実際にマジンガーZの格納庫を作るとしたら設計はどうする!?費用はどうなる!?という妄想企画を、広報部門が社内外の関係者、そして東映までも巻き込んでやってみた実話

 舞台は実在するゼネコン・前田建設工業。協力会社もオールリアルでビビったが、各社に対するもの凄い偏見が見えなくもない。特に日立造船。あれでOK出した懐の広さが、作中での企画実現の一助になったんだろうな。

 元の話がテキストベースで展開されていることに加えて、小説化→舞台化を経て映画化されているプロセスを踏んでいるため、物語の骨格がしっかりしている印象。最後のあるシーンの演出で、舞台化されたときの名残が見られる。青春やヒューマンドラマ、歴史、ビジネスマン…など、あらゆる要素をバランスよく取り入れているので老若男女が楽しめるエンターテイメント作品に。恋愛要素もあったようで無かったような感じ。

 基本的にハイテンションで進行するが、制作サイドと俳優陣が緩急を上手く調整しているためあまり疲れずに見ていられる。主人公の若手社員を演じるのは高杉真宙きゅん…だが、某地方都市の某企業を継ぐために出向させられているようにしか思えなかった。全部紘汰さんのせいだ。

 で、肝心の見積もり(積算)結果を受けての個人的感想は…「あ、ダム作るより安いんだ」。とはいえ億で2桁超えなので、普通のサラリーマンでは実現は難しいだろうな…ってことがわかっただけでも面白かった。見て損はない作品なので、機会があればぜひどうぞ。

 小説版はこちら。

前田建設ファンタジー営業部1 「マジンガーZ」地下格納庫編 (幻冬舎文庫)