スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

G-SHOCK×仙台市消防局×神戸市消防局…?

 とあるリリースを見つけた。

prtimes.jp

  デジタル腕時計G-SHOCKと仙台市消防局・神戸市消防局がコラボしたデザインだそうだ。か、かっこいい…。

 だが、なぜ仙台市と神戸市?と思ったら、G-SHOCK販売元のカシオ計算機が神戸市消防局救助隊発足50周年記念コラボ企画を展開しており、その一環として今回は仙台市消防局の防火服をモチーフにしてG-SHOCKを作ったらしい。

 

 え?それなら普通に神戸市消防局の消防服のデザイン採用で良くない?ちょっと何言ってるかわからない…。

 

 仙台市消防局の防火服はこんなデザイン。

 対する神戸市消防局の防火服は…普通。オーソドックス。ドラマでよく見るやつだ。

kobe119.blog122.fc2.com

 それでも消防服をモチーフにしたグッズならほしい人も少なからずいるだろう。オレンジかっちょいい。神戸市消防局カラーで作ればいいじゃん!と思ったら、おととし既にコラボデザインを出してしまっていたらしい。

prtimes.jp

 つまるところ、今回はカシオ計算機側のデザインのネタ切れによるもの?と予想。そのために仙台市消防局が引っ張り出されたのか?リリース内では

「緊急消防援助隊」制度が今年で創設25年を迎えるにあたり、全国の消防機関から応援をいただいた仙台市消防局と神戸市消防局がタフネスを共通項にもつ“G-SHOCK”とコラボレーションすることで、「緊急消防援助隊」のさらなる認知拡大を図りたいという思いから今回の企画が実現しました。 

カシオ計算機×仙台市消防局×神戸市消防局 「G-SHOCK緊急消防援助隊モデル」が発売されます!|神戸市のプレスリリース

  とある。両市とも全国から多大なご支援をいただいたのは紛れもない事実だが、それにしても理由付けがちょっと強引というか、無理矢理というか…。

 そもそも。これカシオ計算機の企業サイドじゃなくて神戸市からのプレスリリースじゃん。普通は販売元がリリース出すよね?コラボした仙台市は別でリリース出してるのか?と思って調べたがどこにも出てないし、仙台市ホームページでもリリース当日の1/8の時点で何もアクション無し。不平等感ハンパない。

 売り上げの一部を阪神淡路大震災および東日本大震災に寄付してもらえる…ってわけでもなさそうだ。仙台市には何の旨みもないし、神戸市サイドが企画料をもらっている雰囲気でもない。リリースサイトに広告打つのにいくらかかると思ってんの。それくらいはカシオ計算機側が負担していることを願うが…。

 ざっとみた限り、カシオ計算機だけがオイシイところを持って行くだけのように見受けられる。なんかいろいろ腑に落ちない話である。でもデザインはかっこいい…。