スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

ルームシェアを都合よく解釈し、同棲を決めた話

 このシリーズは、平成最後の秋から初冬にかけて色々あって大変だった私・岩崎の激動の約3ヶ月間を記録したものである。

 

 実は相方(一般的なカテゴライズだと彼氏)がいる。

 このブログでは彼を呼ぶ時は「ロキ」、私が呼ばれる時は「ミー」と呼ぶことにしよう(いずれも本名由来)。

 

 詳細は別な機会にするが、関係をざっくり説明すると

 

 高校時代にお付き合いをしていたが1年で別れ、クラスが違うのでしばらく会わなくなる。

 卒業式の日に再会し、同じ大学に通うことが判明。学部は違えども、時々キャンパスで見かけると絡むようになる。

 社会人になってからも邪悪を極める私の友人であり続けてくれた、唯一無二の存在だ(冗談抜きでマジ。人付き合いが広いように見えて限定的なタイプ)。

 色々あって今年の春に急速に距離が縮まり、今日に至るトータルで10年以上の仲になるかな。

 

実家を出てみたい

 お互いに実家暮らし。「一緒に暮らしてみたいねー」と話はしていたものの、相方がいわゆる草食系でなかなか具体化せず、願望だけを口にすること早半年。

 「あれ?もしかしてこのまま年取っちゃうんじゃ?」と気づいたのは私の方。

 

 相方とは同い年、つまりアラサ―。

 平成2ケタ生まれのキッズから見て、いい感じのGG&BBAに差し掛かっている。

 

 このままズルズルダラダラしていたら、

 いい感じを通り越して本物のGG&BBAになり、

 介護保険料を納め、

 今度は介護保険料を利用する側になり、

 年金がもらえるかどうかは知らんけど、

 登校する児童の見守り活動で朝の交差点に立ち、

 地域の老人会や敬老の日の行事に参加を促され、

 穏やかな老後を過ごすことになる…。

 

 そうなる前に現状を打破したい!!!

 

 思い立ったら即行動。

 相方に内緒でネットを駆使して物件を見繕い、不動産屋に問い合わせて見学予約。

 相方には「とりあえず物件見に行こうよ!」と伝え、貴重な休日に外に引っ張り出し、不動産屋を訪ねた。

 

超優良物件見つかる

 物件の希望として、

  • 互いの実家から中間くらいの距離=仙台市中心部
  • 家賃6万円前後
  • 2K(ケンカ時のクーリング対策)

 この条件が満たせていれば、後はどこでも構わなかった。

 

 バリバリ体育会系の担当営業のお兄さん(30代中頃)が、希望した物件以外も探していてくれた。10月は比較的閑散期だそうで、のんびり且つアツく対応してくれた。

 

 ふと、ある物件が目に留まる。

 仙台市民なら誰もが知ってる某エリア。近くにコンビニやスーパーはもちろん、徒歩圏内に公園がある。個人経営の病院もある。銀行も郵便局もある。公共交通機関なんか使わずとも、街中に行ける好立地。互いの実家にはバス1本で帰れる。完璧だ。

 

 「ここいいかも…」

 

 その一言をお兄さんは聞き逃さなかった。

 

 「こちらの物件、フルリノベしたばかりで超ピカピカなんですよ!都市ガスだし、ウォシュレットも付いてるし、何より暮らしやすい!そして、更にいいお話がありまして…

 

 僕、ここの大家さんと仲良いんですよ!だから家賃交渉できます!1000円くらいは安くしてもらえるんじゃないかなー?いかがでしょうか!?」

 

 えっ、そんなことあるの。

 お得…。

 

 「今日決めちゃうの?」という相方の顔を気にせず、その物件を見学先に決めた。そこは最後に見ることにした。

 

 先に地下鉄沿線の2件を回ったが、坂がキツかったり(冬場にタクシーが登れなさそうなくらいの急勾配)道が狭かったりと、内部より周辺環境で断念した。

 

 

そして例の物件へ

 3件目。お目当の物件にたどり着く。

 

 ボロい。

 外観がとてつもなくボロい。私たちより10歳年上の物件だった。

 だが私には見えた。うら若き夫婦が、ボロアパートに暮らしながらも毎日明るく楽しく過ごす、昭和のドラマにありがちなシチュエーションが…。

 

 中はフルリノベーション済みなだけあってピカピカ。キッチンは広いし風呂トイレもキレイ。洗面台が無いのが唯一の欠点だが、死活問題では無いと判断した。

 

 「ここ住みたい」

 「え?ここにしちゃうの?ホントにここにするの?」

 「うん」

 「もうちょっと待った方が…考えさせて…」

 「こんないい物件、今抑えないと取られちゃうよ!」

 

 相方は石橋を叩いて割る勢いの慎重派。私は石橋が崩れる前に渡り切ろうとする直感派。

 SPIを受けたら真逆の結果が出るであろう2人。

 

 結果、その30分後には相方が書類にサインをしていた。

 家賃は交渉の末に、2000円お安くしていただいた。やったー。

 

 「こんなに急に決めちゃって、親に何て言おう…」

 「友達とルームシェアすることにした、でいいっしょ!(笑)」

 

 現代社会の語彙の豊富さを、相方は恨んだだろうな。

 悪かったとは思っているが、反省はしていない。