スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

【映画感想】劇場版 幼女戦記

 待望の「劇場版 幼女戦記」が公開されたので早速観てきた。これだけ楽しみに待った作品は少ない。 テレビアニメシリーズが終わって久しいが、劇場に集ったファンの多さを見て、人気の高さが伺えた。

 この作品は「リストラされた部下によって殺されたサラリーマンが、存在X(神)によって魔法が存在する異世界の幼女に転生させられ、軍人として立身出世を目指すべく画策する」というめちゃくちゃな設定だが、いわゆる萌え系ではなく立派な軍事モノ。私自身、主人公・ターニャと同じく戦争も殺しも大嫌いだが「仕事」と割り切って嫌な任務を淡々とこなす姿にカッコ良さを感じている。

f:id:iwama03:20190218180631p:plain

カルロ・ゼンによる戦記ファンタジー小説を原作とするテレビアニメ「幼女戦記」の劇場版。統一暦1926年。金髪碧眼の少女ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐率いる帝国軍第203航空魔導大隊は、南方大陸での共和国軍残党との戦いに勝利する。凱旋休暇を期待していた彼らだったが、連邦国境付近における大規模動員の兆候が確認され、参謀本部から新たな特命が下る。その頃、連合王国主導の多国籍義勇軍が連邦内部に足を踏み入れる。その中には、父を殺した帝国に対する正義を求めて銃を取った少女メアリー・スー准尉の姿もあった。テレビ版の上村泰が引き続き監督を務めた

劇場版 幼女戦記 : 作品情報 - 映画.com

 アニメでは敵国・協商連合の宿敵であるアンソン・スー大佐を殺害するところで終わるが、映画はスー大佐の娘であるメアリー・スーが多国籍義勇軍の准尉となってターニャの前に現れる。流れは原作準拠らしい。メアリーの戦闘力はさほどでもないが、厄介なのは厚い信仰心を持っていること。存在Xがメアリーに加担してターニャを追い詰め、ターニャに神の存在を認めさせようとする。どんだけターニャに信仰心を持たせたいのよ。

 R12指定は終盤で存分に発揮される。おかしいなぁ、女の子2人がキャットファイトしてるシーンって、心踊るのが常なんだけどなぁ…。

 最後はお約束の展開。ファンなら察しがつくだろう。終始踏んだり蹴ったりの主人公である。

 

 ただ、映画全体の印象として、テレビアニメ版と何が違うのか全くわからなかった。戦闘時のBGMはテレビ版を使ってくれたので「おお!きたー!」って感じの安心感はあったが、逆に使い回しが多い印象も。映画にする必要あった?普通にテレビ2期で良くないか?あ、R12シーンがあるから、地上波の規制と表現したい画との兼ね合いが難しかったのか…。それほど熱狂的なファンじゃなければ、円盤レンタルが出るまで待ってもいい気がする。

 話は全く変わるが、声優のチョーさんが大活躍。個人的に好きな声優さんなので、たくさん喋ってくれて嬉しい。