スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

クリ目版11月のエントリー

 月2で出稿させてもらっている「クリエイターズステーション」。11月は2本とも経験話で終始した。リアルに勝るものはない。

 ちなみに誕生日を迎えたことをプロフィール欄でアピールしているが、特に意味はない。

 

プロとの差

www.creators-station.jp

 上手く言語化できないんだけど、山崎さんと自分は撮り方が全く違うなぁ…と。トークショーの後、これまで自分が撮った写真を見返したんだけど「愛」とか「情熱」みたいなエモいものが足りない。記事中に使ったものも含めて、ありのままをありのままに撮りすぎていて工夫が足りない。

 ありのままをもうちょっとこう…素敵に?撮る努力が必要だなと。芸術って正解がないものだから、引き続きいろんな人から勉強してヒントもらっていくしかないな。

 

好きな言葉は「実証実験」 

www.creators-station.jp

 台風19号上陸中の夜。外出できず、連絡するところには連絡し尽くしたし、眠いけど風の音諸々で眠れない。そんな時に前日のスーパーでの出来事を思い出し、「ブログに書くのもいいけれど、たまには読者投稿してみようかな〜」と一念発起した…のがこの話。サイト運営元がメルマガで紹介してくれるくらい、評判はそこそこ良い出来のようである。

 やっぱりさ、机上の空論より実証実験の方が面白いよね。いわゆる「やってみた系」。

 ノウハウをいかに得るか…テキストか、体験か。どちらにもメリットはあるけれども、実証したことは一生身になる。例えそれが結果的に無駄なことだったとしても、「これは無駄だった」と言える経験を手にするわけだから、決して無駄ではない。「世の中に無駄な経験はない」という話は本当らしい、ということにも気づいた。