スーパーいわちゃんねる!

人類総岩崎化を目論む平成元年生まれの岩崎が、全国19万人の岩崎さんと1億人ちょいの岩崎さんじゃない人に向けて更新中。

神奈川県川崎市で、ある岩崎が起こした事件について

 昨日、岩崎界のリーディング・イワサキとして、人類総岩崎化を目指し業界の発展を願う挨拶文を公表した。

iwama03.hatenablog.jp

 その矢先、28日に川崎市で発生した殺傷事件の容疑者が「岩崎」を名乗る者であったことがわかった。命を落とした方のご冥福と、被害を受けた方の早期回復を願う。同時に、犯人に対して強い憤りを覚えている。個人的に同情の余地は一切ない。

www3.nhk.or.jp

 言及が遅れた経緯を説明すると、Webニュースの見出しを見ただけで背筋が凍り、テレビが家に無いことをいいことに目を背けて、情報をシャットダウンしていた。しかし、ある方から「犯人が岩崎だってよ」と教えられ、現状で明らかになっている部分だけでも知らなければならないと思い、報道内容を追いかけているのが現状だ。

 約19万2000人の岩崎がみな同じ岩崎ではないし、ドラクエのスライムみたいに「良い岩崎」もいれば「悪い岩崎」もいる。世のため人のために生きたヤツ、悪事をはたらいヤツ、平々凡々に過ごしたヤツ…これまでに数多くの岩崎が存在してきた。我々に限らず、他の苗字一族もそうだろう。

 「岩崎」のルーツに関して説明すると、血族由来が少なくとも3家系ある。加えて、全国各地に「岩崎」という地名が多数あるため、地名由来が数え切れないほどいる。先祖をたどっても同じ一族や土地に行き着く可能性が低く、全岩崎が遠い親戚というわけでも、必ずしも関係があるわけでもない。たまたま同じ苗字を名乗っている一族…それが「岩崎」だ。今日までの経験と観察から「好きな物事を愚直に追求し、自由を愛し、人に迷惑をかけない程度にそれぞれ楽しく生きること」だけが唯一、ルーツが異なる岩崎一族の共通点だと思っている。

 だから被害を受けた人だけではなく、その周りの人や警察・行政など国全体に甚大な衝撃と悲しみを与え、迷惑をかけている今回の岩崎を許すわけにはいかない。事件を起こした後に首を切って自害したそうだが、とことん甘ったれで自分勝手な人だ。あの世で更生してほしい。それすらできないなら、魂が滅んでも岩崎を名乗らないでほしい、絶対に。

 容疑者の親族も岩崎だと思うが、現時点では何ともコメントできない。大きな事件が起きると、必ず「親の育て方が悪かった」「家族の接し方がダメだった」という意見が出るが、今回のケースが該当するかは現時点ではわからない。ただ、川崎市にマメに相談していたところを見ると、同居していた家族は結構心配していのではないか。心配していたということは、多少の関心はあったはず。過干渉によって追い詰めてしまったか、あるいは受け手である容疑者の心の問題の方が大きかったか…。

www3.nhk.or.jp

  この事件で、岩崎そのものに対する世間のイメージダウンは避けられない。もし子どもだったら、同じ苗字と言うだけで学校の同級生から茶化されることもあるだろう。一般社会でも同様のアクションが起こるかもしれない。辛く、苦しい思いをするかも知れないが、世の中の関心が犯人に向いている間は仕方がないと…思って耐えてほしい。いずれ終わるから。

 今後は、全岩崎が「他人に迷惑をかけない程度にそれぞれ楽しく生きること」という点に対して一層気を引き締めなければならない。一人ひとりの岩崎が普通に暮らし、各々が普通の人間であることを世に知らしめ、他族の皆さまの誤解を解く必要があると思っている。

 そう、特別なことはしなくていい。私たち岩崎は、今日も明日も岩崎として、普通に生きよう。岩崎界のリーディング・イワサキとして私が言えることは、これ一つしかない。